仕事

無職になってわかった。困るのは「お金」よりも「信用」がなくなる事。

無職の信用

退職して無職の状態になった困る事って何だと思いますか?

そりゃ、収入がなくなる事に決まってるじゃん!

と思うかもしれません。

もちろんその通りなのですが、その他にも・・場合によってはそれよりも、困る事があります。

それは、「信用」がなくなる事です。

信用とは・・

以下、信用がある順番はどれだと思いますか?

  1. 無職(収入=所得=0)
  2. 収入30万円・支出30万円で所得0円
  3. 収入30万円・支出40万円で所得 マイナス10万円

生活の大変さで言えば、③が最も大変で、①と②は同じですが、信用といった観点からは、最も良いのが②、次が③、そして最後(最悪)が①となります。

つまり収入がないくらいならば、赤字でも収入があった方がまだ信用があります。

赤字の状態の方が将来的には、支払い能力があると考えられます。

信用がなくなると何が困るか?

では、信用がないと何が困るのでしょう?

定年退職でそのまま隠居するならば良いのですが、これからまた働こうとした場合、「信用」がなくなると以下のような事で困る可能性があります。

※以下、「〜できない」と記載していますが、絶対に出来ないわけではありません。(ネットを調べるとそれぞれ「裏技」を書いたサイトがありますので、そちらをご参照ください。)

家を借りられない。

家を借りる場合、職業欄、勤め先、年収を聞かれたりするかと思います。

場合によっては源泉徴収票のコピーを求められる事もあります。

ちなみに、以前引っ越しをした時、私が勤めていた会社は、とある大企業のひ孫会社だったのですが、大企業の「冠」が付いているだけで源泉徴収票の提示は不要になりました。(給与が高い無名の企業よりも、給与が低い大企業系列の企業の方が「信用」は高いのです。)

以前引っ越しをした時も、すでに親が高齢で連帯保証人なんていないので、信用会社を使ったのですが、無職だとそちらの審査も厳しい可能性があります。

銀行口座が作れない。

フリーランスになる場合は、事業用の口座を作っておいた方が良いです。

ですが、もちろん口座を作る場合の申請書にも「職業欄」があります。

ちゃんと説明すれば、作れるかもしれませんが、やはり若干面倒臭いです。

私は以前、作成してあまり使ってなかったネット講座があったので、それを事業用にしましたが、銀行口座が一つしかなく、フリーランスになろうとしている人は、会社を辞める前に口座を作成しておく事をお勧めします。

カードが作れない。

「そもそも、無職なのにカードを作ろうとか思うなよ」と言われるかもしれませんが、これから事業をやろうとした場合は事業用の口座に紐づいたカードがあった方が何かと便利です。

ですが、無職だとクレジットカードこそ作成するのが、なかなか難しいです。

私もカードは持っていますが、プライベートな支払いに使用しているので、一枚だけでも別で作っておけば良かったと思います。

その他諸々の契約ができない。

今までは意識した事はありませんでしたが、世の中の契約書類には「職業欄」「収入」を記載する必要があるケースが多々あります。

月々の支払いが必要な契約、信用に関わる契約には、そういったものが多々あります。

「支払い続ける事が出来るよね?」に加えて「悪い事に使わないよね?」といった事を見られます。

私の例でいうと、フリーランスになるにあたって、バーチャルオフィス(住所、電話番号を貸してくれる)を検討した事がありますが、こちらも収入がどれくらいかなどの信用が求められます。(これからやろうとしているのに・・)

ご職業は何ですか?

これは半分、気持ちの問題ですが「ご職業は何をされているのですか?」みたいな事を聞かれる事って時々ありますよね?

先日、近所で空き巣が発生したりして最近物騒だとかで、警察が巡回で来たのですがなぜか無駄にドキドキしました。(いや、やってないですよ。)

「ご職業は何ですか?」
「無職です。」
「怪しい、こいつがやったんじゃね?」

みたいになって、冤罪で捕まったら「無職」の肩書きで新聞にのるのかな・・なんて、妄想してしまいました。

一応、調査票を書いてと言われて、そこに「職業欄」がありましたが、とりあえずIT関連と書きました。(一応、それで開業届を出しているので嘘ではない・・)

最後に

以上、退職して「信用」って大事だなと思った事について記載しました。

「とっとと働く事が一番」なのですが、とりあえずやっておくべき事として以下をお勧めします。

1.退職前に申し込める事は申し込んでおく。

カード、銀行口座、その他諸々の「職業欄」「収入欄」がある契約の類は退職前に申し込んでおきましょう。

2.とりあえず開業届を出しておく。

「開業している」といった事がどれだけ信用にプラスされるかはわかりませんが、形だけでも個人事業主ですと言えるので、提出する事をお勧めします。

※ただし「確定申告は格段に面倒臭くなる」「失業手当をもらっている人はもらえなくなる可能性がある(こちらの記事ご参照)」ので考慮してください。