介護問題

認知症の進行は幸か不幸か。ある事件がきっかけで気づいた「穏やか」であれという思い。

認知症、幸か不幸か

以前、認知症について「ボケているから本人自体は幸せ」というのは嘘で、記憶を失って行く事に、本人も苦しんでいるという記事を書きました。

認知症の誤解
【誤解】認知症の人は「昔の事はよく覚えている」「ボケてるから本人幸せ」なの?実際に身内が認知症になるまで、認知症について誤解していた事が多々ありました。 などありますが、他にも「昔の事は覚えてい...

しかし、去年、私にある事件が起きました。

その事件は、むしろ「母がボケていたから幸せだったのでは」と思わせるような事件でした。

この記事では、その事件をきっかけに、認知症が進行していくのは幸か不幸かを考えた事、さらにその先に気がついた事について記載します。

ある事件

本サイトでは既に記事を書いている通り、その事件とは、兄が突然死した事です。

兄の死
兄が突然死しました。先日、兄が突然死しました。 入居している施設で、朝、起こしに行ったら、息が弱くなっており、そのまま呼吸が止まってしまったとの事です...

その後、兄の死を母に伝えるべきか、本当に悩みました。

兄の死を伝える
認知症の母に兄の死を伝えるべきか。先日、兄が亡くなりましたが、その事を認知症の母には伝えていません。 兄の死を聞いた時に、母には一生、隠し通そうと思い、葬儀も私だけ...

そして、結論としては、母には兄の死を伝えない事を選択しました。

正直、こう思いました。

「母がまともであったら、どんなに悲しんだだろう・・・」
「母が認知症で・・・良かった・・」

記憶を失っていくのは、本人も辛いし、それは断じて幸せではないです。

しかし、兄の死を母に知らせなかったのは、兄の死を知らない方が母は幸せだと思ったからです。

矛盾

記憶を失って行くのは不幸だけど、兄の死を知らないのは幸せ。

現在、母が兄の話題をする事は全くありません。

このまま、兄の存在自体を忘れてくれる事を祈っている私がいます。

母は、10年以上前に死んだ父の存在も忘れていたので、兄についても同じ事を期待してるのです。

認知症は進行して欲しくない。記憶をこれ以上失って欲しくない。なのに兄の事だけは忘れて欲しい。

なんと都合が良く矛盾した思いでしょう・・

幸か不幸か・・・

そもそも幸せって何でしょう。

悲しい事を知らないことは、幸せなのか不幸せなのか。

現に、親戚からは、「兄の死を知らせてなくて、母が可愛そうだ」という意見もあり、一理あると思います。

そういう事も含めて考えると、結局、何が幸せかなんて、わかりません。

結局、私は、母が幸せなのかどうかよりも、穏やかに過ごせる事を優先したのだと思います。

今も時々、幻覚を見て、恐怖することなどもあるようで、それで血圧が急上昇したりすることもあるそうです。

そんな母にとって、兄の死を知った事がプラスに働くとは思えず、穏やかに過ごす事を阻害する事は間違い無いでしょう。

まとめ

繰り返しになりますが、私は母が幸せでいるかどうかよりも、穏やかでいる事を選択したのだと思います。

認知症の進行についても、記憶を失うことを悲しみ、恐怖している状態は、本人の気持ちも穏やかではありませんが、ある程度、進行して、記憶を失う事も悲しまない状態になるのは、(幸せだとは思いませんが)気持ちは穏やかだと思います。

認知症の進行は不幸です。

しかし、その中で穏やかに過ごせるのならば、その穏やかに過ごす事を優先したく、悲しい事を知らないでいられるのならば、知らないで穏やかに過ごして欲しいと思います。