介護

認知症の母が白内障になって困った事。部分麻酔では手術が出来ないと言われました。

認知症の白内障

認知症の母がグループホームに入る事ができて、これでひと段落ついたかな・・と思ってました。

グループホーム
認知症の母をグループホームへ。決断・説得・入所までの経緯。母の認知症が発覚してから1年以上は、「小規模多機能型住宅介護」のサービスを利用し、日曜日以外は、昼間通所しておりました。 http...

しかし、グループホーム入所後に、母の体のあちこちの「ひずみ」が一気に吹き出しました。

ひずみのうちの一つが白内障です。

この記事では、母が白内障を患って苦労した事、顛末について書いていきます。

認知症だと正確な症状がわからない。

当初、母からの訴えは「目の前に靄がかかっていて何も見えない・・」というものでした。

それもう、「失明寸前か!?」くらいの訴えでした。

グループホームでは、内科と歯科の訪問診療はやってますが、それ以外の症状の場合は、家族が医者に連れていく必要があります。(※グループホームによって違うかもしれません。)

なので、グループホームに入っても全く落ち着かず・・会社を休んで眼科を予約して連れて行きました。

眼科では白内障と診断されました。

白内障は、80歳を超えた人は、ほぼ発症していると言われてます。

白内障の有病率は年齢とともに増加します。 厚生科学研究班の報告では、白内障の初期の混濁を含めた有病率は、50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代84~97%、80歳以上で100%とされています。

引用元:白内障|KOMPAS – Keio University

なので、驚きはなく「やっぱりそうか・・」と思いましたが、母の訴えからすれば、相当悪化しているように思えました。

なので、これはもう手術しかないと思いました。

しかし、医者に言われたのは・・

眼科医
眼科医
手術すれば改善するけど、無理して手術するほどではないのでは?

との事でした。

どど
どど
でも、かなり本人は、見えないと訴えてるのすが・・
眼科医
眼科医
ご本人が言うほど悪くはなさそうですが・・認知症だと不安で必要以上に訴える事があるようですよ・・

確かにそんな悪ければ、ご飯も食べられないし、自分の顔も認識できないのでは・・と思いました。

視力診断結果も、日によってかなり違いがありました。

実際の視力よりも、その時の頭の調子(?)に依存して結果が出ている気がします。

頭の調子が悪い時は、本当に見えないのか、左と右を間違って言っているのか、よくわかりません。

言葉がアテにならないので、指で方向を指すように指示されますが、不思議な事に「指差し」は口よりもトンチンカンな方向だったりします。

ただ、頭の調子がいい時は、0.3くらいの視力があるので、まあ、確かに全く見えないわけではないよなあ・・と思いました。

認知症だと部分麻酔の手術ができない。

手術は一旦、諦めて、白内障の点眼液をもらいながら通院していたのですが、やはり本人から事あるごとに「見えない」事を訴えられます。

訴えもさることながら、視力がよくなる事によって認知症が改善する場合もあるらしく、改めて、思い切って手術した方が良いと思いました。

現在は、白内障の手術は、成功率も高く、部分麻酔で日帰り手術をすることもできます。

現に私の叔母(母の姉)も白内障の日帰り手術済み、手術したら、本当に良く見えるようになったと言ってました。

ですが・・

医者には、

眼科医
眼科医
もし手術をするとすれば、大きい病院で入院して全身麻酔ですよ・・

と言われました。

認知症になると、部分麻酔とか、日帰り手術とか、そんな簡単な事ではなくなるようです。

  • 手術中、自分がどのような状況かわからなくなって暴れるかもしれない・・
  • 術後に、目をこすってはいけないけど、こすってしまうかもしれない・・

なので、入院・全身麻酔して、親族の付き添いが必要になるとの事です。

私の母は、おそらく手術中に暴れる事はないかと思いますが、医者からすれば、そんなリスクある手術をやりたくないですよね・・

なんとか部分麻酔をしてくれる医者はないかと思って、大病院を紹介してもらって、行ったりもしましたが、言われた事は同じでした。

  • すぐに手術するほど悪くはない。
  • 手術するとすれば、入院して全身麻酔。家族の付き添いが必要。
  • 高齢なので全身麻酔のリスクが高い。

やはり、躊躇した最大の理由は、「全身麻酔」ですね・・

高齢になるほど、全身麻酔のリスクは高く、無事に済んだとしても、認知症が悪化する可能性があります。

命に関わる病気でもないのに、そのようなリスクを犯す決断はできなかったです。

何よりも、最終的には、本人が手術はしたくないと言ったので、断念しました。

最後に

結局、最初行った眼科で点眼液をもらって通院しており、現状は落ち着いています。

不思議な事に、以前のように見えない事を強く主張することは少なくなりました。

もちろん、目自体はよくはなっておりませんが、慣れというものもあるのでしょうか・・

もしくは、最初の訴えはグループホームに入ったばかりの時だったので、その不安感が目の不安の助長させていたのかもしれません。

ただ、白内障自体が手術もせずによくなる事はありません。

もしこれから悪化して本当に何も見えないような事になった場合、やはり手術(=全身麻酔)の決断をしなくてはならないと思います。